都営10-000形

画像

子供の頃、斬新なデザインだと思ってとても好感を持っていた都営10-000形電車。浅草線を走る5000形があまりに野暮ったかったので、この車両を見た時、近未来を感じた。
しかし、数を減らしているようだ。最近は、ここもJRと共通設計の車両が幅をきかせてきて、オリジナルのこの車両は近い将来、消えてゆくのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テファ
2015年09月20日 13:59
都営新宿線の車両に関して

東京都交通局の公式広報誌(ふれあいの窓244号)によると10-300形の10両編成を平成28年度と29年度にそれぞれ5編成ずつ(全10編成)新造を計画しており既存の8両編成を置き換えるようで長くても29年度には全ての10-000形と10-300R形が引退するみたいです。

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/magazine/fureai/201508/HTML5/sd.html#/page/11

今年度の置き換えは残り1編成で7月から営業運転を開始した10-540Fの登場により10-300R形から更に1編成(恐らく10-360F?)が遅くとも今年度中には置き換えられるでしょうね。
2015年09月20日 17:43
テファさん、コメントありがとうございます。
オリジナル車両がなくなるのは淋しいですが、置き換えはゆっくりなのですね。
JRだと一気に変わってしまう気がします。

この記事へのトラックバック