新型特急「ラビュー」一番列車

画像

画像

西武新型特急「ラビュー」の1番列車は、池袋駅7時30分発の「ちちぶ5号」。通常運用では、池袋駅7時10分着の「むさし64号」が折り返すのだが、この日は出発式の前に新型車両を運用するわけにはゆかない。
「むさし64号」は、従来車両で運行されたが、1編成しかない、クラシックレッドアローで運用されたのは粋な計らいだったのかもしれない。

特急ホームにはレッドアローが、ラビューは7番線に入線してきた。新旧列車が鼻を着け合わせる、このシーンは今日だけのものかもしれない。女優の土屋太鳳さんにも見送られ、ラビューは秩父に向かった。西武鉄道ファンとしては、新型特急導入の発表以来、
この日を楽しみにしていた。初代レッドアローから西武特急を眺めてきたが、次の世代の車両を見る時、私は何をしているのだろうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック