テーマ:京成電鉄

昔の成田空港駅

昔の成田空港駅(現東成田駅)の普段は閉鎖されているスカイライナー用ホームが公開された。もっとも、時々イベント列車の発着で使われているので、これが初めてという訳ではないが、普通に入場できるイベントはこれが初めてではないだろうか。 成田空港駅の機能が移転して、東成田駅になったのは1991(平成3)年だが、現役当時の写真がネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄金色の稲穂と都営5300形

黄金色に輝く稲穂の中を行く列車。成田空港から程近い東京郊外にこのような景色が残っているのが奇跡だと思っていたが、水土里ネットと呼ばれる「土地改良区」という農家の組織で維持されていた事を知った。ここを行く都営地下鉄の車両を撮影するのが好きだが、5300形は近々新車に替わるらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲穂と都営5300形

水田と都営地下鉄の写真を撮ったのが5月の連休。 お盆休みに、青々とした稲穂と一緒に撮りたかったが、早くも収穫済の田もあった。 向日葵も咲いているが、コスモスも・・・。秋も近い
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリップ畑と京成電鉄

佐倉フラワーフェスタに行って来た。ここでは撮り鉄はあまりいないようだが、京成電鉄とチューリップ畑の写真は、長年とりたかった景色である。 コスモスの時期とは比較にならない程、大勢の人が訪れていた。1000円でひと袋、摘み放題のイベントは大人気だった。今日が最終日なので、人気の色は既に無くなってしまっていたが・・・。 気になったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出没!!アド街ック天国 上野特集

今日、テレビ東京の「出没!!アド街ック天国」の上野の特集に私が、かつてYouTubeにアップした動画が放送されました。 当時、地味にホームページなどを続けてきましたが、少し恥ずかしいような、嬉しいような・・・。 雑誌に写真を提供したことはありますが、テレビは初めてでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年ほくそう春まつり号

2016年のほくそう春まつり号は、東成田駅から9000形で運転された。2013年に成田駅から同形式が運行された事があり、乗車した経験があるので、今年は撮影してみようかと思った。しかし、東成田駅が気になった。スカイライナーAE100のラストランの際、普段使われていない旧特急ホームが開放された。今回も・・・と思って、撮影ではなく乗車を選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成3400形

京成2代目スカイライナーAE100形が引退したが、初代スカイライナーはこの3400形の足回りとして生きている。AE100形は改造される事もなく、足回りが他に活かされる事も無さそうである。少し前までは、車体は新造、足回りは廃車の流用なんて事は珍しくなかったが、最近の技術革新の速度はあまりに早く、そのような改造はもう無いかもしれない。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

AE100ラストラン

京成AE100形二代目スカイライナーが引退した。ラストランでは東成田駅の旧ホームに入線した。この駅はかつての成田空港駅であるが、新線開通とともに東成田駅となって廃墟のような様相を呈している。現在は普通列車用のホームしか使われていないが、かつては特急用ホームがあった。現在は閉鎖されているが、今日はこのホームに列車が入線していた。AE1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大栄車両

通勤で使う都営浅草線に、京成電鉄の車両がよく乗り入れてくる。その車内銘板に「大榮車輛」の文字をよく見かけた。鉄道車両のメーカーといえば、東急車輛、日本車輌、近畿車輛など大手の数社が目立つが、このメーカーは知らなかった。京成電鉄の直系の工場かと思っていたが、独立したメーカーだと知ったのは最近の事である。 世界の鉄道車両メーカーは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

都電とシティライナー

荒川7丁目の停留所から都電を狙う。背後にはシティライナー。この組み合わせはいつまで見る事が出来るのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シティライナー名残乗車

シティライナーに名残乗車・・・。といっても、スカイライナーとして君臨していた時代に何度も乗った車両とコースで目新しいものが無い。エースの座から降りたのが5年前であるが、5年というのは私の世代だと、それほど昔に感じない。ただし、いつも熟睡していたので、今日ぐらいは景色を見よう・・・。 車両は流石に疲れが見える。座席に貼ってあった航空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シティライナー廃止

京成シティライナーが廃止されるそうである。成田スカイアクセスが出来て、京成本線経由のスカイライナーは、シティライナーと名前を変えて存続していたが、震災時に運休、その後、復活したが本数は激減、成田空港への乗り入れも無くなり、廃止も時間の問題だと思っていた。 京成本線経由成田空港行きは、それなりに需要があるようなので、名鉄のように、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北総鉄道7260形 さよなら運転

京成3200形に続いて、同形の北総7260形も引退した。通勤で乗る事は度々あったが、いずれも地下鉄内であったので、地上で見るのは新鮮だった。 特別運転で、普段は入らない上野までやってきた訳であるが、撮影した橋の上は、金網があって撮影には不向きだった。車でやってきて、有料の立体駐車場に入れば、もっと良く撮れた筈だが、この日は電車で来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北総7260形と9000形

昨日、北総7260形の引退について、回顧録的な文章を書いたばかりなのに、今日もやってきた・・・。しかも、これも余命いくばくもないと思われる9000形と同一ホームで離合した・・・。 パニックになった・・・。スマホで撮るか、静止画? 動画? どうするか・・・。悩んでいるうちに両方とも出発してしまい。こんな写真しか撮れなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北総7260形引退

北総鉄道の7260形の引退が発表された。北総3300形と同車両だが、本家の引退の際は大混乱したが、静かに終わる事を望む。通勤で何度も使っていたので、ピンと来ないが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成3500形未更新車

京成3300形が引退して、次に古い電車といったらこの3500形の未更新車だろうか・・・。方向幕もあるのに、大昔の電車のように、種別表示板が標準装備されている。まるでヘッドマークのようにみえる。 私が子供の頃、京成で冷房車といえば、この車両しか無かった。また、ステンレスの電車は、赤電の中で異彩をはなっていた事を思い出す。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成3500形

京成3300形の引退で、個性的な電車がまたひとつ減ったが、3500形も京成らしい電車である。当時は無機質なステンレスカーに思えたが、今では、このコルゲートも味があるように思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成3300形ラストラン

京成3300形のラストランは成田行きの臨時特急としての運用だった。地味な通勤電車だったが、京成独自の設計で、一時代を代表した車両だった。 最近の電車は会社を超えて共通化が進み、会社を代表する顔というのが無くなりつつあるように思える。快適性という点では、最近の電車の方が優れているように感じるが、コイルバネのゴツゴツした乗り心地も、愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成3300形引退

今日も、北総の7260形に乗った。これは京成3300形のリース車両であるが、本家の京成3300形の引退のニュースがネットに出ていた。詳しい違いはわからないが、所謂、京成旧3000形シリーズである。 入社した頃、五反田駅から都営浅草線に乗っていたが、時折京成3050形がやってきた。冷房装置は付いていたが、ドアはステンレスではなく、内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成パンダ

知っていたが、実物を見ると驚いた。 ゆるキャラは、癒し系であるべきだと思っていたが、ショックを受けた。インタビュアの 「迫ってこないで!」という言葉に思わず吹き出してしまった・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイライナー

成田への手段はスカイアクセスになり スカイライナーも新しくなった 一方、古いスカイライナーもまだ活躍中 いつまで走るのだろうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more