テーマ:中国

上海地下鉄

上海の地下鉄はものすごい勢いで新線が開通して、複雑すぎてよそ者にはさっぱりわからない。東京のようだともいえる。 路線によって乗客も異なる。郊外から伸びる11号線などは、マナーが悪く、車内で大音量でタブレットやスマホで映画を見る人、中高年は他人を気にせず大声で会話・・・。 一方で、都市部を周回する4号線などは、ビジネスマンが多いせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海リニア

久しぶりに乗車した上海リニア。 初めて乗車した2007年には激しい揺れに驚いたが、最近はあまり気にならない。乗り心地が改善したのか、それとも慣れたのか・・・。 地下鉄が上海浦東国際空港まで伸びたので、あえてリニアに乗り換えずに、そのまま公共交通機関を使って、上海市内と空港を結ぶ事が出来る。プライベートなら、高いリニアは使わないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の広告に日本の新幹線

中国で「独自開発」呼びかける広告に日本の新幹線。 こんなニュースが飛び込んできた。上海のビル郡をバックに日本の新幹線300系が描かれている事が問題になっている。しかし、2008年に上海で、0系が描かれた広告を見た事がある。 ガンダムも見た事もあるし、あまり驚くような話ではないような気がするのだが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線

国威を見せ付ける為なのか、この必要以上の施設と新幹線。どうみてもJR東日本のE2系だけれど、それが国産と言うのはこの国だからだろうか。 いつ乗っても感動的に立派な駅舎だが、高い屋根は、吹き込む雨のことを考えているのだろうか。光ってツルツルのホームは滑りやすく危険ではないだろうか。美的を追求しているからだろうか、乗車目標が上に掲げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国路線キャンセル

「日本航空は27日、尖閣諸島問題の影響による9~11月の中国線の団体客の搭乗予約キャンセルが、26日現在で1万7500席に膨らんだと明らかにした。競合する全日本空輸の発表分を合わせ、5万7500席がキャンセルされた計算だ。」 SankeiBizより 中国便はキャンセルが続いているそうだ。しかし聞くところによると、危険度が大幅…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

蘇州 平江路

ホームページを整理して、蘇州の記事を全面的に見直した。 中国の蘇州を訪れていたのは約1年前、上海と比べて落ち着いた街が好きだった。 特に、写真の平江路は古き良き中国っぽくてよかった。 私は最近の中国は決して好きではないが、中国の長い歴史や文明に対しては憧れているし、歴史を感じる蘇州は好きな街だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海 春節2012

上海での旧正月、カウントダウンとともに花火があがるのを期待していたが、11時30分から花火が上がり始め、明け方まで続いた。春節まさにその時に中国にいた事が無かったので、今回はあえて春節に上海に来てみた。日本の厳かな正月と違って、とにかく派手! BUND18という外国人向けのバーにいたため、周りは欧米人ばかりで中国人は殆どいなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茘枝公園・香蜜湖遊園地(深セン)

深センの大通りを車で走っていると独りの老人の顔写真が目に付いた。大勢の観光客が集まって記念撮影などを行っていた。この方が鄧小平で、共産主義の中国にあって、開放政策を唱え、今日の中国の繁栄を築いた偉人である。彼の先富論「可能な人は先に豊かになりなさい。そして、落伍した人を助けない」は有名である。中国の中でも最も経済発展著しい深セン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京香港直通列車

香港から北京まで2,476km。しかし途中不停車の文字。ホームページで詳しく書いたが、遠い、そして長い旅だった。 京九直通車 T98・・・・乗ったことのある人が案外多いと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国緑皮車

中国といえば新幹線ばかりが注目されるが、ローカル線に乗れば、まだ昔懐かしい旅情が味わえる。しかし、近代化が進められて、いかにも共産圏の列車・・・・といった雰囲気が漂う緑皮車の数は減ってきている。 海外の鉄道事情をホームページで書くと、あまり評判がよろしくないのだが、この旅の雰囲気を多くの人に味わってもらいたいものである。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more