テーマ:JR貨物

京葉臨海鉄道大物車(その4 荷降ろし)

最終回 市原を出た貨物は熊谷貨物ターミナルに到着。 道路沿いで荷降ろし、トレーラーへの積み換えが始まった。 人力で、シキ車と変圧器を分離。 ウインチで引っ張ってトレーラーへ、ローラーの上を転がしてゆくが、このローラーは鉄パイプであり、人が下から上に運んでいた。 トレーラーへの積載作業と同時に、シキ車の組み立てが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西本線のDD51

2016年の11月の事だった。名古屋駅で新幹線を待っていると、DD51の重連が重苦しい音を立てて通過していった。カメラを構えたが間にあわなかった。残念に思っていると、今度は反対側からやってきた。都会のど真ん中でディーゼル機関車の重連を見る事ができるのは名古屋だけだと思っていた。しかし、いよいよ置換えが近い。四日市に出張する際、ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物線利用の旅6(高島線)

貨物線利用の旅5(横須賀線から根岸線) お座敷列車「宴」で行く知られざる都会の貨物線を特別に利用の旅。 最後の楽しみは、高島貨物線の走行。 昔、品川駅から浜松町駅から今は休止している貨物線を乗り通して、東京貨物ターミナル、そして高島貨物線をお座敷列車で走破した事があった。しかし、それは宴会用のイベントだったので酔っ払ってあま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨物線利用の旅5(横須賀線から根岸線)

お座敷列車「宴」で行く知られざる都会の貨物線を特別に利用の旅。 横須賀線から根岸線への乗り入れ、配線を知らなかったのでとても興味があったが、横須賀線上り線を横断して赤錆びたレイルを進む。そして、普段は折り返し列車しか入線しない、根岸線大船駅に反対側から進入。そして通過・・・・。かつては横須賀線乗り入れ列車もあったが、現在は廃止され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物線利用の旅4(田端信号場)

お座敷列車「宴」で行く知られざる都会の貨物線を特別に利用の旅。 このツアーで、新金線の次に楽しみにしていたのが、田端信号場での常磐線から山手貨物線への折り返し。王子駅の付近に住んでいる事もあり、王子駅前の引込み線が以前から気になっていた。しかし、この折り返し線、ある日から列車が入線しなくなり、線路は荒れ放題。今回のツアーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物線利用の旅3(新金線)

お座敷列車「宴」で行く知られざる都会の貨物線を特別に利用の旅。 最大の目的は、この新金線に乗れる事であった。この旅を企画した方も、この新金線に乗りたいという思いがきっかけだったとか。 新金線は総武線の新小岩駅から常磐線の金町駅を結ぶ貨物専用線であるが、日中に運転される貨物列車は1往復のみ、滅多に列車が走らないという路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物線利用の旅2(りんかい線から京葉線乗り入れ)

お座敷列車「宴」で行く知られざる都会の貨物線を特別に利用の旅。 最初のイベントはりんかい線から京葉線への乗り入れだった。 りんかい線は元々貨物線として計画され、新木場駅で京葉線に接続している事は一目瞭然であるが、線路がつながっている事は初めて知った。また、お座敷電車が、地下鉄であるりんかい線に乗り入れる事に驚いた。このりんか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物線利用の旅1

お座敷列車「宴」で行く知られざる都会の貨物線を特別に利用の旅。 帰りの通勤電車のネットのニュースで知り、無理だと思いつつ、そのサイトを開くとまだ予約可能なようだった。スマホは苦手なのだが、この時は必死だった。帰宅後、パソコンでそのツアーを見ると既に満員だった。 という事で、行って来ました・・・。 新金線を乗車して通過してみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新金線旅客化

夕方のニュースを見ていたら、葛飾区が2017年度予算で、新金線貨物線の旅客化、地下鉄延伸・新設など検討する旨紹介された。 路面電車と言っていたが、確かに既存のインフラはあるが、本数は少ないながら走っている貨物列車はどうなるのか、一番の懸念は数ある踏切をどうするのか・・・。水戸街道を渡る踏切りは、頻繁に閉まるとたちまち渋滞を引き起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DD51重連貨物

近鉄電車で塩浜駅を通る時、貨物駅が気になって仕方ない。この日も、DD51の重連の貨物列車を見る事が出来た。下の写真は16年前のものであるが、塗装こそ変わっているが、今も同じ光景が見れる事が驚きである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チ1000

時々見かける2軸無蓋車。仕事で使っている平台車のような形状が興味深かった。現役の2軸車など、絶滅危惧種だと思っていたが、何度も見かけたので写真に撮って、型式を調べてみた。 元々大正生まれの車両らしいが、廃車間近の車両かといえばそうではないようだ。遊車として、使われているとの事で、言い換えれば、大きなアダプタのような使われ方をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越中島支線

北王子支線なき今、東京23区唯一の非電化単線の貨物線となってしまった小名木川支線。かつては、コンテナや越中島埠頭に向かう貨物で賑わった貨物線だが、レール輸送の列車が細々と行き交うだけの路線になってしまった。以前は、ここで列車を待っていたが運休。この日初めて遭遇する事が出来た。歩道橋の上で待っていると怪しいし、恥ずかしいが、同業者がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北王子貨物線

震災から暫く運行が無くなって、次第に赤くなってくる線路を見て、このままこの貨物線も廃止されるのかと心配になっていた。震災で、この貨物線が石巻と繋がっている事を初めて知った。 昨年の11月、単行のディーゼル機関車がこの線路を走っているのを見て、嬉しかった。 現在、時々運休はあるものの、貨物線は復活した。ダイヤ改正が不安ではあったが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ワム 引退

子供の頃に見た貨物列車といえばワムだった。茶色い機関車に牽引され、タンタンとリズミカルな音をたてて貨物線を走っていた。その最後部には真っ黒な車掌車を従えていた。2軸有蓋車はヤード式の名残、1両、1両出発地が異なるから、冬など、屋根に雪を載せた車両、そうでない車両などが連なっていた。 2012年3月のダイヤ改正で、このワムもひっそり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more