http://www2s.biglobe.ne.jp/~kurume/my_hp.gif (6911 バイト)

私のホームページです(旅について)

日本の車窓・雨男の紀行文(BLOG)

アクセスカウンタ

zoom RSS 博多から、壱岐、対馬経由釜山へ(比田勝ー釜山航路)

<<   作成日時 : 2019/05/13 22:03  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

10時すぎ、韓国から続々と船がやってきた。比田勝の国際ターミナルに同時に3隻の船が着岸したが、韓国の船がどれも大きな高速船で、JRのジェットフォイルがひときわ小さく見える。

出航の1時間半前に受付をする。比田勝と釜山航路は電話予約だけで、Web予約が出来ないとい。ダイレクトフェリーというサイトで申し込んだが、全く音沙汰無く、やむを得ず、電話で予約していた。

ところが、つい先ほど、ダイレクトフェリーから満席の案内が来た。安心していたら、窓口でダブルブッキングされていると言われてしまった。ただし、今日はガラガラなので問題なかった。好きな席を指定する事もできた。

出航10分前に出国ゲートが開いた。これほど質素なイミグレは初めて見た。自動化ゲートは当然無く、荷物の検査もナシ! パスポートを見せるだけで一瞬で出国してしまった(スタンプは有り)。

画像


画像



12時30分、ガラガラの状態(2階席に乗客は皆無・・・)のまま出航。漁港らしい雰囲気の湾を出ると猛然と加速。ジェットフォイルに乗るのは1977年の佐渡行き、2004年の香港ーマカオ間以来、久しぶりだった。最近、クジラとの衝突事故があり、死亡者も出ているので、航行中はシートベルト着用である。特に危険な区間では、乗務員も座ってサービスも受けられない。まるで飛行機のようだ。

画像


画像


画像


画像


1時間10分で釜山港へ・・・。迫力あるガントリークレーンの群れ、行き交う大型コンテナ船。日本の港を圧倒する規模だった。漁港から1時間でこんな大都会にやってくる。想像以上にギャップが凄かった。

画像


画像


釜山国際フェリーターミナルはまるで空港のように大きく、綺麗だった。清潔で綺麗なのだが、どことなくエスニックな雰囲気、香りが漂ってきて上海などに来たような雰囲気があった。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
突然の連絡すみません。番組制作を行っているものです。この度、雨男さん様の掲載されております動画を借用させていただきたく思い連絡いたしました。宜しければメッセージの方をご確認いただきたく思います。
泉水
2019/06/13 14:46
泉水様、メールでご回答しました。ご確認宜しくお願いします、
雨男
2019/06/15 19:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
博多から、壱岐、対馬経由釜山へ(比田勝ー釜山航路) 日本の車窓・雨男の紀行文(BLOG)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる