テーマ:小湊鉄道

春の小湊鉄道

毎年、桜の時期に訪れる小湊鉄道。ここは所謂、撮り鉄以外にも、一般の旅行者も多く撮影に訪れる。ここには、撮影を行う際の、撮り鉄の暗黙のルールは存在しない。カメラの前に入る人、線路に立ち入る人、立ち入り禁止のエリアに入る人、この日も列車が来るにも関わらず、線路に入って撮影する人もいてハラハラした。モデルさんを連れてきて、線路に立ち入らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道トロッコ運休

いつも小湊鉄道を撮影する時は、「えきから時刻表」を参考にしている。しかし、いつまで待っても列車が来ない。念のため、小湊鉄道のサイトを調べると、養老渓谷-上総中野間は11月10日のダイヤ改正で、6.5往復→5往復に減らされていた事が判った。 ダイヤ改正から10日以上も経っているのに、有名なサイトに更新されていないのは・・・。 ダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道被災

稲穂と小湊鉄道の撮影の予定をたてていたが、台風の被害により、運休区間が生じてしまった。ラグビーの余韻や、この時期は不謹慎という事が脳裏をかすめ、出かけるのをやめようと思ったが、何となく出てきてしまった。仮の折り返し駅となった月崎駅は、普段とは異なった賑わいをみせていたが、あまり喜ばしい状況ではない。養老渓谷駅の足湯に浸かりながら、駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲穂と小湊鉄道

真夏の小湊鉄道。よく伸びた稲穂の中を古い気動車が行く姿は、ひと昔前のローカル線ではよく見られた景色だ。車両はともかく、今でも日本の各地で、稲穂と列車の写真は撮ることが出来る。しかし、TPPが成立したらどうなるのか・・・・。そこ頃まで、小湊鉄道の老朽気動車は走っているのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道の夜桜

昨年の写真を失敗して1年、待ちに待った桜の季節の小湊鉄道。しかし、生憎の天気。 ここで撮影していると、色々な方と話が出来るのが楽しい。本当に愛されている鉄道だ。 新車になったら、味のある写真が撮れないのでは・・・と不安にかられるが、車掌の募集のチラシを見て、まだまだ小湊鉄道はこのままなのかと安心した。 しかし、腕が悪い・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石神の菜の花 小湊鉄道

今年も、小湊鉄道の菜の花を撮った。ここは有名な場所であるが、所謂、撮り鉄から、カメラのアングルに入る、入らない、下がれ、と声が飛び交う。基本的に、ここは散策路もあり、鉄道ファン以外の人も多い。写り込むのは仕方ないと思うのだが・・・。撮り鉄のルールは一般人には関係ない。人が入らなかったらラッキーぐらいに思う余裕が欲しいものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道 飯給

もう葉桜だったが、ここは撮影者で賑わっていた。本来なら田植えには早いとの事であるが、水田の地主さんが、撮影用に水を張ってくれているそうだ。地主さんは、菜の花の栽培も、力を入れているそうだ。地元の方と思われる女性が教えてくれた。 桜が終わると田植えの準備・・・と聞いた事がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道(小湊鐵道)と撮り鉄

TBSの「噂の東京マガジン」で、撮り鉄の迷惑行為について特集があった。一部の心無いマニアと、マナーを守っている撮り鉄と、分けて考えられていて、好意的に見る事が出来た。そして、撮り鉄と、地元、鉄道会社が共存している良い例として、小湊鉄道も出てきた。最近訪問したばかりだったのでつい見入ってしまった。 私はどちらかというと乗り鉄であるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道(小湊鐵道)タブレット交換

窓口で硬券を購入してホームに入る。やってきた列車は昭和40年代の気動車。単行であるが、ワンマンカーではない。車掌が乗客を案内している。駅にも接客する駅員もいた。そして、別の駅員と運転手の間でタブレットが交換される。正式にはスタフであるが、細かい事はどうでもよい。この光景は昔の話ではない。2013年4月の光景である。懐かしさを通り越して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道 菜の花

車で走っていて、車窓に垣間見えた一面の菜の花に思わず車を止めた。そこには線路が・・・。一日4往復しか走らない小湊鉄道の末端部分なので列車は期待できないが・・・・一応、携帯で時刻を確かめようと思った時、列車の音が・・・。シャッター速度を調整できる一眼レフは車に置いてきた。手元にあった小型のデジカメで撮影を試みた。光量が足りずに絶対ブレ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more